2010年 05月 21日

中学生歌手・中川あゆみ「幸せ」デビュー

 6歳で両親に捨てられ、祖父母の養子となった14歳の中学生歌手・中川あゆみがこどもの日である5日、神奈川県・ラゾーナ川崎でデビュー記念イベントを開催し、幸せというステージに向かって歩み始めた。デビュー曲「事実~12歳で私が決めたコト~」は、不幸な生い立ちを詞に込めた衝撃作。こどもの日にもいい思い出がないという中川は「今日は、みんなが歌を聴いてくれたことが最高のプレゼントになりました」と歌手としての幸せな時間を堪能していた。

  ◇  ◇

 ♪7年前 私は三原あゆみだった‐。14歳の少女が歌うギターの弾き語りに、観客はくぎ付けとなった。まばらだった観客は気付けば500人に。自身で作詞したデビュー曲の歌詞は、あまりにも衝撃的だった。

 事実しか歌わない‐。そう決めた中川の持ち歌は、2曲しかない。6歳で、父は「また会いに来るから」と姿を消し、母は「私には私の人生がある」と親権を放棄した。祖母の養子となり、祖父母が“両親”となった。

 4日に14歳の誕生日を迎えたが、プレゼントをもらった経験もほとんどなく唯一、覚えているのは5歳の誕生日に祖父母に贈ってもらったギター。祖母のスナックでご褒美のポッキーを楽しみに6歳からギターの弾き語りを始めると、小学校3年生から「神田川」などフォークソングを歌う路上ライブを行った。

 「誰かの人生を変えられるシンガーになりたい」とオーディションを3年連続で受け、デビュー切符をつかんで迎えたこの日の晴れ舞台。大人が目の前で言い争いをし、姓が中川に変わったこと、筆箱や体操着の名字を消し、「あゆみ」という文字だけが残ったこと…寂しげで胸を打つ詞がつづられた2曲を歌い上げた。

 「今の自分があるのは昔の両親(実の両親)がいたおかげ。会って『ありがとう』を言いたい。離婚当初は不幸を感じていたけど、今は幸せです」‐。華やかなステージを夢見る少女は新たな人生の一歩を踏み出した。
[PR]

# by bst221b_56 | 2010-05-21 21:33
2009年 12月 13日

金魚

うちの魚
c0117024_12472738.jpg

[PR]

# by Bst221b_56 | 2009-12-13 12:47
2009年 11月 26日

月1イベント 10G

今回はパチンコパチスロファン感謝デー

しかし、ナニか特別な事があるかというと・・・
いつもの抽選とライターと飴の配布のみ^^;

次回で今年最後です
12月20日は鶴舞でぶどう÷ライブもあるので
どうなるかわかりません。




来月は0と4








+1k
[PR]

# by bst221b_56 | 2009-11-26 20:45
2009年 11月 26日

月1イベント 9G

来月は2と6





















−8k
[PR]

# by bst221b_56 | 2009-11-26 20:40
2009年 09月 29日

月1イベント 8G

c0117024_12341556.jpg

9月27日
一宮のベガス平和のイベントへ~

先月の予告が聞けなかったので適当に着席この台が意外と好調でした♪


14時に到着17時退店

±0k


この日はまたもや岐南でライブ参戦なので
来月の予告は聞けず…
しかし、会員メールにヒントというか
答えがww

来月は4と8です☆


写真は9月23日
多治見でのイベントで目撃したキーボード

奇跡的です!
[PR]

# by Bst221b_56 | 2009-09-29 12:34